ハチクマの渡り観察2

先週に続いてハチクマの観察に行きました。

 

ハチクマが口を開けて飛んでいます。

鳥は特有の呼吸器を持っているようです。

数千mの高度を飛びますが、酸素の薄い所でも飛べるように呼吸器ができているようです。

また、高カロリであるスズメバチの子を食べて数千kmを飛ぶようです。

ハチクマの飛翔

 

ハチクマの飛翔

 

ハチクマが7~8羽撮れましたが、上昇気流に乗った状態のハチクマの集団を鷹柱と言うようです。

 

ハチクマ 鷹柱の拡大写真

ハチクマの鷹柱

 

ハチクマの鷹柱

 

今日は暖かったので、かなり高度を上げて飛んでいました。

このため、ハチクマが小さく写っています。

 

もう一度、来週ハチクマの撮影にチャレンジしたいと思います。

 

遠くになりますが飛鳥2が関門海峡を通過していました。

関門海峡が狭いのがよくわかると思います。

 

飛鳥2

 

飛鳥2と関門海峡

 

 

sarakura.hatenablog.com

 

sarakura.hatenablog.com