環境とアウトドアスポーツのススメ

環境とアウトドアスポーツであるサイクリングやウォーキング、登山、バードウォッチング、マラソン等について紹介します

サイクリング 海の環境 公園の花菖蒲

〇海の環境

 

北九州市洞海湾周辺をサイクリングしました。

洞海湾は北九州の八幡東区八幡東区戸畑区若松区が周辺にあります。

日本で初めての長大大橋である若戸大橋戸畑区若松区の間に架かっています。

自転車で戸畑と若松を渡るには橋の下にある渡船を利用します。

40、50年前の洞海湾の海水は、北九州工業地帯の工場の排水により、コールタールのような粘度がある真っ黒な水でしたが、現在は下の写真のように海水の透明度があり海の底が見えます。

子供の頃に渡船を乗ることがあり、洞海湾で見た水の汚さは想像を絶していたので、今回の違いには驚きを感じました。

40,50年前は、東京湾をはじめ日本中の海や川も汚染された状態でしたが、特に洞海湾の汚染は生物が住めない状態でした。

船のスクリューが一週間で溶けるというレベルです。また、洞海湾に入港する船の底に付いたフジツボ洞海湾の水で落ちてしまうような状態です。

現在は環境規制や対策をすることで、洞海湾をはじめとした日本の海や川ではかなり公害が改善されていますが、世界規模で見れはマイクロプラスチックや水銀、アスベストなどの有害物質の問題などがあります。また、窒素酸化物や二酸化炭素による地球温暖化などの問題もあります。

特に環境基本法に提示されている水質、大気、土壌、騒音、ダイオキシン類については注意が必要です。

公害の影響は人間や動物にはすぐに見えずに、年月を経て深刻な問題になることがあります。

1人1人が環境問題に関心を持ち、対策について考えていく必要があります。

 

 

過去にも環境について投稿したブログがあるのでご覧ください。


sarakura.hatenablog.com

 

sarakura.hatenablog.com

 

〇町の公園の花菖蒲


当初はバードウォッチングが目的でしたが、季節の変わり目のためか鳥がいなかったので、町の公園で花菖蒲を観察しました。

花菖蒲を初めて見ましたが実に綺麗です。

約35種類の花菖蒲があるようです。

町の公園も以前と比較して空気が良くなっているので、花を観察するのも気持ちが良く綺麗に見えます。

 

 

 

福岡市(博多)の麺の柔らかいうどん

今週要件があり福岡市(博多)に行きました。

ご存知と思いますが、福岡市は城があった場所を福岡、商人の町を博多と言います。

福岡市の中心駅は福岡ではなく博多駅です。空港は福岡空港でかなり紛らわしいです。

県の名前が福岡なので福岡市以外の福岡県の人はあまり福岡市とは言わずに博多と言うことが多いです。

福岡市に行くときは「博多に行く」と言います。

ところで私は博多に行くときは、うどんと焼き鳥を食べることが多いです。

特に博多の麺の柔らかいうどんが大好きです。

柔らかいうどんを博多うどんと言う人が多いです。

 

 

 

以前もブログに投稿した讃岐うどんよりもかなり柔らかいです。

うどんの麺に腰がないので、初めて食べた方は驚かれると思います。

 

今回は博多駅バスセンタの地下にある牧のうどんで食べました。

牧のうどんは博多に多くの店があり、有名はうどん店です。

 

入店し自動販売機で食券を購入します。今回のトッピングは肉ごぼう天にしました。

ごぼう天も博多うどんを代表するトッピングの一つです。

 

最初店員さんに「麺の硬さはどうしますか?」と聞かれます。

私はいつも普通と言います。店員さんが調理場に「中麺一杯」と掛け声をかけます。

中麺でもかなり柔らかいです。

麺の硬さは、やわ、中、かたの3種類です。

掛け声を聴いているとやわ麺を注文している人もかなりいます。

今回どのくらい柔らかいのか興味が湧いたので次回は注文してみようと思います。

 

sarakura.hatenablog.com

 

うどんが来ました。

添え付けの葱があるので自分で量を調整して入れます。

横に置いてあるやかんには、暖かい出汁が入っています。

麺が柔らかいので時間が経つと麺に出汁が染み込みます。このためにやかんに入った出汁を追加します。

 

 

 

 

うどんは中国の饂飩から由来しており最初に博多に伝来したそうですが、その時のうどんが柔らかかったことが理由ではないかと言われています。

確かに中国で食べたじゃじゃ麵や餃子の皮も柔らかかった記憶があります。

この柔らかい麺は、私にとってはくせになる食べ物です。

実に美味しいです。

 

アウトドアスポーツであるサイクリングやマラソン、ウォーキングは持久力を必要とするので、消化吸収のよいうどんはエネルギ補給として最適と思います。

 

カワセミの成長 幼鳥の観察

先日カワセミの観察に行きました。

カワセミの子供が巣から離れてエサ取りの練習を始めたようです。

2羽いましたが、どちらも幼鳥です。

兄弟か姉妹のようです。幼鳥なので嘴の色では判断できません。

ちなみに大人のカワセミは嘴の下の部分がオレンジ色の場合はメスです。

 

 

1羽はどこかに飛んでいきました。

大人のカワセミに比べて色が薄いように感じます。

特に腹の部分の色が薄いです。

また、嘴の先が白くなっています。

 

 

首の部分の真っ白の毛が多いです。

 

 

ちなみに下の写真は大人のカワセミです。

大人のカワセミは腹の部分のオレンジ色が濃いです。嘴の先は白くなっていません。

また、メスは嘴の下がオレンジ色です。

 



カワセミのエサ取りの様子を撮影したいですが、うまくできていません。

これから観察していきたいと思います。

屋外での食事 ソウルフード棒ラーメン

久しぶりにキャンプ用バーナで食事を作りました。

天気が良かったので貯水池の周辺での食事です。

今回のメニューはラーメンでした。

 

 

地元福岡で製造しているマルタイの棒ラーメンです。

九州や山口の方はご存知と思います。

普通のインスタントラーメンのように揚げてなく、ソーメンのように棒状でノンフライ麺です。

数十年前に土曜日に給食がなかったときは、私は家に帰ると必ず棒ラーメンを食べていました。

私にとってはソウルフードになります。

揚げていないのでラーメン屋さんの味と同じです。

上の写真が昔からある醤油味のラーメンです。

 

 

下が最近販売された、とんこつ味のラーメンです。

とんこつ味にも高菜入りや醤油味にもゴマ入りがあります。

麺がノンフライなのであっさりしています。

 

一袋に2食分入って150円くらいで九州や山口ではどこの販売店でも売っています。

棒ラーメンは熊本や佐賀のメーカの物もあるようです。

最近は関東や関西でも九州や山口出身の方がいらっしゃいますので、棒ラーメンを販売している店があるようです。


 

今回は高菜入りとんこつ味を食べました。

3分煮込めば完成です。

容器が小さかったのでぎりぎりに入っています。

キャンプ食としても手軽にできるので是非食べてみてください。

実に美味しいですよ。

 

 

サイクリングロードとアオバズク(青葉木兎)の観察

先日アオバズクの観察を投稿しましたが、もう一か所ですがアオバズクがいると思える場所に出向きました。

この場所も3回目の観察になりますが、今まで2度出向きましたが確認できませんでした。

前回ですが他の場所でアオバズクを確認できたので、今回は他の場所での観察を思い当たりました。

最近は自動車を使うことがなく、JRで自転車を運び目的地まで行く手段を取っています。

自宅から駅に行きましたが、目的地に行く電車が40分ありませんでした。

自転車を折りたたむ間に電車が発車したようです。

JR鹿児島本線は朝や夕方には約10から15分おきに電車が来るので時刻表を見ていませんでした。

ホームでどのようにするか考えました。

目的地からかなり遠回りになりますが、後で詳細に説明するコースを思いつきました。

行き当たりばったりですが、JR筑豊本線の電車に乗りました。

行き当たりばったりはサイクリングの面白さです。

結論が先になりますが今回はバードウォッチングとサイクリングの両方を楽しむことができました。

 

〇サイクリング

 

筑豊地方の大河である遠賀川を渡った所にあるローカルの駅に着きました。

目的は遠賀川サイクリングロードと玄界灘・響灘サイクリングロードを通り、アオバズクのいると思われる場所での観察です。

バードウォッチングを終えた後は最寄りの駅で自転車を折りたたむので約35kmの距離です。目的地まではかなりの遠回りになります。

サイクリングロードは遠賀川沿いにあり、アップダウンの少ない自転車専用道なので走りやすいです。

道路は自動車やバイクの通行は禁止なので安全です。

景色もよくサイクリングをするには最高の道路です。

 

遠賀川サイクリングロード(出発地付近)

 

サイクリングロードから見える遠賀川

 

サイクリングロードの案内板です。パソコンを使い私のスタートとゴール位置、進行方向を赤字で写真に記載しました。

 

サイクリングコースの案内板

サイクリングロードの行先を示す掲示

 

***************************************

サイクリングロードについてです。

九州だけでなく全国にも整備されたサイクリングロードがあるので、読者の方もサイクリングやウォーキングを行ってみてはと思います。

下の国土交通省管理のサイクリングロード以外でも各県や市、町が管理している大規模なサイクリングロードがあるので自治体のホームページなどで確認してください。

サイクリングロードは起点にサイクリングターミナルやレンタルサイクルを整備されているので、自転車がなくとも家族で楽しむこともできます。

 

ナショナルサイクルルート | GOOD CYCLE JAPAN | 国土交通省 (mlit.go.jp)

 

***************************************

 

遠賀川サイクリングロードを走り、その後芦屋町から玄界灘・響灘サイクリングロードを走りました。

このサイクリングロードは、日本海が見え絶景です。

 

玄界灘・響灘サイクリングロードと日本海

 

その後サイクリングロードを離れて一般道を走り、バードウォッチングの場所に行きました。

 

〇バードウォッチング

 

前回観察した場所に比べて、木が高くアオバズクが葉っぱの陰にいたので見つけ難かったです。とにかくアオバズクがカメラから遠かったです。

アオバズクのいる位置を観察されている方に教えていただきました。

風が吹いて葉っぱが揺れ、隙間ができた時でないと確認できませんでした。

多分私一人では確認できなかったと思います。

光源は前回よりも強かったので露出は調整していません。

アオバズクはいろいろな表情があり面白いです。特に目に特徴があります。

家族連れの方にも教えてあげたら喜んでいました。

 

 

アオバズクは漢字で「葉木兎」と書きます。漢字が示すように青葉とよく調和しています。

 

その後自転車を最寄りの駅に行き、電車で帰りました。

 

サイクリングとバードウォッチングの両方を楽しめました。

バードウォッチングとサイクリング アオバズクと言うフクロウ科の鳥

JRで自転車を運び、その後駅から目的地までは自転車で行きバードウォッチングをしました。

今回はアオバズクと言うフクロウ科の鳥の観察が目的でした。

目的地に到着した時はアオバズクを確認できませんでした。

いつも目的地周辺を管理されている方に聞くと今日は見ていないとのことで、観察されている方は一人もいませんでした。

アオバズクは大木の洞の中でメスがヒナを育てているようですが、洞の中は高い所にあるので見えません。

一時間くらい確認して帰ろうとしたら、高い木の上にアオバズクと思われる鳥を確認しました。

双眼鏡で確認するとアオバズクでした。

3回目の訪問で初めてアオバズクを観察できました。

フクロウ科の鳥を自然の中で観察したのは初めてだったので感動しました。

管理されている方にも確認していただくと、いつもとは違う場所にいるようです。

アオバズクはフクロウ科なので、エサ取りなどの活動は夜に行います。

アオバズクのオスは、洞から離れたところでカラスなどの外敵を監視しているようです。特にアオバズクは外敵からも分かり難い場所で監視しているようです。

近くにカラスの巣が出来ているので、管理されている方もアオバズクの巣に被害が出ないように注意しているようです。

 

 

アオバズクは夜行性なので日陰を好むようです。カメラに取り込む光源が不足しているように感じました。

フラッシュは使えないので、カメラのISO感度を上げて撮影しました。

見た感じは上の写真が自然な状態です。

下の写真はカメラのISO感度を上げているので、アオバズク全体の様子が分かります。

身体の模様が濃いのでオスです。

 

 

いつも大きな目を開けて周りを確認していますが、たまには目を閉じることもあります。

高さが10m以上ある大木の枝に止まっています。

1時間半くらい観察していましたが、アオバズクは同じ場所から動くことはありませんでした。

 

 

サイクリングの走行距離は約20kmです。帰りもJRで自転車を運び帰宅しました。

サイクリングの途中 史跡巡り 太宰府政庁跡

折り畳み自転車を利用したサイクリングの3回目の投稿になります。

JRの駅を2か所降車してサイクリングを行いバードウォッチングをしましたが目的の鳥はいませんでした。

今回はバードウォッチングよりもサイクリングによる史跡めぐりと新幹線のウォッチングが主になりました。

最初の場所でバードウオッチングを行いましたが目的の鳥がいなかったので、JRに乗り干潟の鳥を観察に行こうと考えていました。しかし列車の中で急きょ思いついたのが太宰府政庁跡です。

大宰府政庁跡はJR二日市駅から6kmくらいのところにあります。

大宰府政庁跡までは少し起伏があり遠回りをしたのでようやく到着しました。

太宰府といえば正月のが日の初詣で有名な太宰府天満宮が近くにあります。

大宰府政庁跡は大、太宰府天満宮や地名は太の字を使うようです。

大宰府政庁は7世紀に九州の政庁として設立されたようです。規模としては平城京に次ぐ大きさだったようです。

その後、京都から大宰府政庁に流された菅原道真公を祭ったのが太宰府天満宮です。

太宰府天満宮は数回訪問したことがありますが、大宰府政庁跡は初めての訪問でした。

バックには大きな山があり政庁跡がかなり広いのには驚きました。

政庁は守りと風水を考えて造られたようです。

いろいろな物が出土されたようです。

九州国立博物館が近くにありますが、東京、京都、奈良以外で国立博物館が造られた理由がわかりました。

 

 

大宰府政庁の基礎が残っています。

 

 

大宰府政庁跡は、官庁の名称で都府楼跡とも言うようです。

 

 

その後、約20kmサイクリングをし、バードウォッチングの場所と博多南駅に向かいました。

 

自転車を使うことで行動範囲が広がり新たな発見あります。