鳥にも、いろいろな家族がいます

先週の土曜日は、午前中は貯水池に行き、午後は海に行き鳥を観察しました。

同時に車に積んでいた自転車でサイクリングをしました。

そこで、いろいろ鳥の家族の行動が見られたので紹介します。

スグロカモメです。

子供のスグロカモメが、親について一生懸命に飛んでいるようです。

頑張れと声をかけたくなりました。

 

 


スグロカモメ

 

クロツラヘラサギです。

嘴を体の中に埋めて、集団で休んでいます。

クロツラヘラサギの独特の姿勢です。

なぜか右端はアオサギです。

 

 

 

こちらは左端にアオサギがいます。

アオサギクロツラヘラサギに興味があるのでしょうか。

 


嘴が確認できないとクロツラヘラサギか判別が難しいです。

 

クロツラヘラサギ

 

次はヒドリガモです。

ヒドリガモも嘴を隠しています。クロツラヘラサギと同じような姿勢をします。

ヒドリガモは、つがいで行動しています。

 

ヒドリガモ

 

つがいのマガモです。

マガモは単独や一夫多妻、一妻多夫でも行動しているようです。

 

マガモ

 

コガモはメスだけで飛んでいるようでした。

 

コガモ

 

カルガモです。

カルガモがヒナを連れて歩く写真をよく見ますが、ヒナがいるのは6月頃のようです。

 

 

アオサギやチュウダイサギなどのサギ類は、巣にいるときはコロニーを作り、いっしょにいることがありますが、水辺にいるときは単独行動をとっているようです

 

アオサギ

チュウダイサギ


人間もいろいろな家族構成があり生活していますが、鳥にもいろいろな家族がいて、いろいろな生活をしているようです。

バードウォッチングをすることで、いろいろな気付きがあります。