環境 バードウォッチング ハチクマ 高塔山 若戸大橋 洞海湾 高度成長の時代

先週の土曜日に、ハチクマを観察するために北九州市若松区高塔山に行きました。

 

■ ハチクマ

 

ハチクマは、タカ科の鳥で、冬は東南アジア、夏は東北地方に営巣しているようです。

ハチクマは蜂を好んで食べます。

高塔山は、ハチクマが、東南アジアと秋田地方を移動するための通過地点になっています。

4月から5月と9月から10月に何百羽が通過します。

しかし今回は時遅しでした。

いつも観察している人の話では、1週間前に通過したようです。

このため、写真は昨年の10月に撮影したものを掲載します。

バードウォッチングを始めたばかりの頃で、ぼやけていますが、どうにか撮影できた一枚です。

 

 

ハチクマ

 

■ 高塔山若戸大橋洞海湾

 

高塔山からは若戸大橋洞海湾が見えます。

以前も少し話しましたが、若戸大橋は1962年に完成した日本で初めての長大大橋になります。近づくと非常に大きいのがよく分かります。

当時の建設技術の集大成であり、関門橋や瀬戸大橋等の建設の基になった橋です。

関門橋や瀬戸大橋等の現在の大橋は、白色を基調としたものが多いですが、若戸大橋は赤色の橋で、非常に珍しいです。

夜は、ライトアップされ赤が美しいです。

昨年ですが、現在の橋としては初めて国の重要文化財に指定されました。

洞海湾の周辺には、かつての日本の四大工業地帯である北九州工業地帯の製鉄や化学などの大工場が立ち並んでいました。

このため大型船が通過できるように、その当時としては東洋一の橋が建設されたようです。

日本の高度成長時代の遺産の一つです。

 

若戸大橋の上空を通過するハチクマの集団もいるようで、いつか撮影し掲載したいと思います。

 

 

若戸大橋洞海湾