登山後の身体のリカバリー 温泉とヨガ 高原の道

先週の登山に続いて、登山後の身体のリカバリについて話します。

 

登山口から 約12kmのところにある川底温泉と言うところに行きました。

大分県玖珠から熊本県小国に抜ける道沿いにある温泉です。

たくさんの温泉がありますが、その一つに入りました。

 

温泉は掛け流しです。透明で非常にきれいでした。

また、温泉が広く、私以外は誰もいなかったので貸切風呂のような状態でした。

 

疲れが少し取れました。

 

その後帰宅しました。

 

一点心配だったのが、下山中に両脚が攣り歩けなくなったことです。脚が硬くなり違和感がありました。 

また、急登坂を上り下りするために、枝を掴むことが多々ありましたので、予想以上に上半身の筋肉が張りました。

この対策として、次の日にスポーツジムに行きヨガをしました。

 

私は時間の都合がつくときは、毎週1回はヨガをします。

「やさしいヨガ」といい、初級クラスのヨガですが全身のストレッチにもなります。

私は、上中クラスの強度の高いヨガよりも、初級クラスの軽いヨガがあっているようです。

体全体をリラックスできます。

坐骨神経痛になったことがありますが、腰痛の防止にもなっているようです。

今回の脚の違和感や上半身の筋肉の張りについても効果がありました。

 

スポーツを行った後に、年齢的な面もあると思いますが、2、3日後に足腰が硬くなることがあります。これを防止するのにもヨガは非常によいと思います。

 

今日の投稿する写真です。

 

大分県飯田高原の道沿いです。

登山口もこの道沿いにあります。

 

学生の頃にサイクリングでよく走ったお気に入りの道です。

 

飯田高原の道