バードウォッチング  ウォーキング  猫の島 藍島 馬島  クロサギ トビ ウミウ

今日は仕事が休みだったので、以前から気になっていた藍島と馬島に行きました。 

 

藍島と馬島は、北九州市小倉北区にある島です。

 

小倉駅の近くの市営渡船乗り場から、船で35分のところに藍島、20分のところに馬島があります。

 

最初に藍島に行きました。

 

藍島は、猫が多く住んでおり、猫の島としても有名なところです。

 

島の人が猫に定期的に餌を与えているようです。

 

このため、他の人が餌以外のものは与えないように喚起されています。

 

島の人口よりも猫の方が多いようです。

 

人間と猫が共生しており、近づいても逃げません。

 

 

 

 

 

 

藍島と馬島は、関門海峡の入り口にあります。

 

馬島と六連島の間が、福岡県と山口県の境界になります。


 

天気の良い日に藍島と馬島を、北九州の山から確認すると、以下のように見えます。

 

 

対岸は、北九州市の市街地と山口県下関市が眺められます。

 

北九州市風力発電

 

北九州工業地帯

 

下関市

 

藍島には3時間いて、その後、馬島に渡りました。

 

北九州市営船

 

馬島も猫が多くいます。

 

 

 

ところで、今日のバードウォッチングですが、風が吹いて曇りだったので、あまり鳥がいませんでした。

 

ミウとトビです。

 

ミウ

 

トビ

 

家に帰って確認したら、クロサギを撮影できていました。

 

遠くなので写りが悪いですが、クロサギを初めて撮影できました。

 

クロサギ

 

帰りの船から、藍島と馬島を撮影しました。

 

天気が良ければ、海の色も青くなります。

 

藍島と馬島を船から眺める